題詠blog2008参加のためのブログです。投稿作品を順にUPしていきます。(五十嵐きよみ)


by Kn-igarashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:001-010の歌( 10 )

010:蝶(五十嵐きよみ)

話すたび笑いあうたび軽やかにほどかれてゆく蝶々結び
[PR]
by kn-igarashi | 2008-04-05 19:27 | 001-010の歌
世界中似ているだろう知り合ったばかりの恋人たちの会話は
[PR]
by kn-igarashi | 2008-04-05 19:23 | 001-010の歌

008:守(五十嵐きよみ)

さっきまで会っていたのに留守電がもう吹き込まれ 外は晴天
[PR]
by kn-igarashi | 2008-04-02 07:59 | 001-010の歌

007:壁(五十嵐きよみ)

もっとこう、言葉の壁があるのかと思った詩人と話すだなんて
[PR]
by kn-igarashi | 2008-04-02 07:57 | 001-010の歌
ドラマにはなりそうもない日常の些事だったはず火を借りたのは

More
[PR]
by kn-igarashi | 2008-03-30 21:43 | 001-010の歌

005:放(五十嵐きよみ)

恋人が放っていった習慣のひとつふたつの中の鼻歌
[PR]
by kn-igarashi | 2008-03-27 20:14 | 001-010の歌

004:塩(五十嵐きよみ)

つい今日も彼女の好みに茹でていた玉子に塩をおもいきりふる
[PR]
by kn-igarashi | 2008-03-23 23:26 | 001-010の歌
始まりに理由はなくても終わりには必ず理由がある どの恋も

More
[PR]
by kn-igarashi | 2008-03-18 00:00 | 001-010の歌

002:次(五十嵐きよみ)

次のこと考えるとき春先のプールに飛び込むためらいのなさ
[PR]
by kn-igarashi | 2008-03-17 23:59 | 001-010の歌
歯ブラシをくわえたままの「おはよう」が「さよなら」みたいに聞こえて困る
[PR]
by kn-igarashi | 2008-03-16 10:23 | 001-010の歌